すべての神を祭る神殿ローマ「パンテオン神殿」

今回はイタリアローマのパンテオン神殿について

 

パンテオン神殿

パルテノン神殿ではないですよ!

パルテノン神殿はギリシャ神話の神アテナを祭る神殿です。

 

パンテオン神殿は、様々な種類の神や宗派の壁を越えて全ての神を祭るために建てられた万神殿です。

ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの側近アグリッパが紀元前25年に建てました。しかし、最初の神殿は80年後に火事で焼失してしまいます。

 

現在の建物は14代目ローマ皇帝ハドリアヌスの指示によって128年に再建されます。

 

内装

なんとこの神殿、鉄筋や釘を一切使用せず数種類の意思を混ぜ合わせてすべて建てられています。

 

そんな作り方で

天井の穴から日光がさし光を計算した作りのドームを作り上げるのは圧巻です。

 

その昔ローマ帝国は水道さえも作られていたといわれています。

しかし中パイプに使用されていた鉛により鉛中毒の被害も多く出たそうです。

 

ラファエロの墓標

なんとこのパンテオン神殿にはルネサンス期の巨匠ラファエロが埋葬されています。

ラファエロは自らパンテオンに埋葬されることを望んだそうです。

古代から近代そして現在も魅力ある建造物として人に愛されています。