「継続は力なり」



小学校の時、よくクラスに1人は絵が上手で、何かを描いては褒められている子いませんでしたか?

 

何故自分は下手で、あの子は上手なのだろう。そう思った事が少なからずあると思います。

そこにはほんの些細な差があったのです。

では、何故その子は絵が上手なのか。

 

「あの子は他の子と違って才能があるから…」

 

もちろん描写に長けた才能の持ち主もいると思います。ですが、そんなのはごく一部の話。

私が知るところ、絵が上手な人は『幼い頃から絵を描いて、褒められる環境』があったからです。

 

「褒めて伸ばす」子供の成長にこれは欠かせません。この環境があったかなかったかで大きく変わります。そしてその環境があるからこそ描き続けられるのです。描いたら描いただけ褒められる為、どんどん意欲が湧きます。

 

子供は知らない事の方が圧倒的に多い為、吸収が早いですよね。だからこそ観察する能力にも長けています。

これら全てがかけ算されることで、子供の描写力は上達していきます。

 

そうした”絵を描くことが好きになる環境”があった人は成長するにつれて、落書き程度にノートの隅っこに絵を描いたり、”絵を描くこと”を無意識に継続しているのです。

 

「継続は力なり」

 

こんな言葉がありますよね。まさにその通りだと思います。何事も継続することが大事。だから、ある程度の年齢になってから絵を描くことに興味を持った人も、常に色々観察し、描き続けることが重要だと思います。