西洋美術の特徴と時代!「ポスト印象派」



今回は印象派を受け継ぎ、ポスト印象派です。

フランスを中心として1880年代から活躍した画家たちを指します。

postは~の後」を意味し「印象派の後」を指しています。

印象派の成果を受け入れつつ、他方では反対しながら、印象派を超克しようとした画家たちで

・フィンセント・ファンゴッホ

・ポール・ゴーギャン

・ポール・セザンヌ

などが代表的な画家です。

ゴッホ作The Starry Night」

画像元:https://en.wikipedia.org/wiki/The_Starry_Night

ゴーギャン作「オレンジのある静物」

画像元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ポール・ゴーギャン

彼らは、印象派の傾向を受け、それを出発点としながらも

・厳密な形態の復活

・原始的な題材

・激しい色彩の導入

独自の特徴を生み出し20世紀の美術の先駆けとなりました

上記すべてにおいて、19世紀の美術と20世紀の美術の橋渡しをしたといえる重要な世代です。