ゴッホも影響を受けた!アドルフ・モンティセリ





 

アドルフ・ジョゼフ・トマ・モンティセリ

フランスを代表する印象派の画家で、印象派に先立つ時期に活躍しました。

 

モンティセリは近代絵画において印象派の先駆け的存在の画家です。

 

作品

彼の作品の中でも有名なのが

 

花瓶の花』(1875年)

 

印象派の典型とも言われるこの作品は、かの有名な フィンセント・ファン・ゴッホ が弟のテオに購入の勧めたことでも有名です。

 

モンティセリはよくを題材にした作品を手がけています。

 

他にも印象派の独特なタッチと大胆な筆致と色彩、厚塗りで、自身の様式を確立し、多くの作品を描いてきました。

 

フィンセント・ファン・ゴッホは、パリでモンティセリの絵を見た時、非常に感銘を受けました。

 

ゴッホがモンティセリの技術を自身の作品に取り入れた程です。

 

印象派の先駆けの一人として多くの画家がモンティセリの作品に影響を受けました。