レンブラントの代表作に隠された意味





今回は、以前ご紹介した

 

レンブラント・ファン・レイン

の代表作ともいえる

 

『夜警』

 

題名の誤解!?


光と陰の魔術師と呼ばれた彼の画法の代表である夜警。

 

題名は18世紀から呼ばれたもので、適切な題名は

 

フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ライテンブルフ副隊長の市民隊

 

これは、当時は昼の情景を描かれたものでしたが、年代が経つにつれ絵の具が茶色く変色してしまったために夜警と呼ばれるようになったのです。

 

絵画の特徴


この絵画には3つの特徴があります。

 

・巨大さ

・キアロスクーロ法

・火縄銃

 

巨大さ


・縦3m63cm

・横4m37cm

 

この大きさの油絵で、全ての描写に光と陰の動きを躍動的に描いたのは素晴らしいと評価される。

 

キアロスクーロ法


これは以前説明した通りで光と陰を塊として捉える技法である。

 

『今のcoolを作った!?レンブラント・ファン・レイン』

 

火縄銃


さりげなく自警団の手に持たれている火縄銃

 

これにより、撃ち落とされた鳥は彼らの勝利を意味している。

 

どうでしたか?
大きな絵に描かれた繊細な描写の数々。

 

技法により今をも動かす巨匠の偉大さを思わせる作品です。