哲学と宗教の調和?アテナイの学堂





ルネサンス期イタリアの画家

ラファエロ・サンティ

 

のもっとも有名な絵画の一つで

 

ローマ教皇ユリウス2世に仕えた

1509年と1510年の間で

 

 

2番目に手がけたのがこの『アテナイの学堂』である

 

 

内容


古代ギリシアの哲学者たちである。

研究者たちは、ギリシアの学者(哲学者・科学者)のほとんどを

 

この絵の中で見つけることができるはずだと言い続けてきた

 

ラファエロは、絵の中の哲学者・科学者が誰なのか答えていないため

明確でない

 

ルネサンス期の傑作ともいわれ

大きさも5m × 7m

と巨大である。

 

 

この絵は

キリスト教神学非=キリスト教

ギリシア哲学との調和を意図したものである

 

 

 

 

絵画の後方には2つの彫像があり

 

向かって左

はたて琴を持ったギリシアの神アポローン

医、治癒、光、真実、詩、音楽の神である。

 

 

 

一方右側にいるのは

 

ギリシアの女神アテーナーだが

ローマの女神ミネルウァの恰好をしている