バロック絵画家 レンブラント・ファン・レイン



レンブラント・ハルメンソーン・ファン・レインは、ネーデルラント連邦共和国(現在のオランダ)の画家で、バロック絵画で知られています。

バロック絵画とは

バロック絵画は、16世紀末から18世紀半ばの西洋芸術運動です。

バロックは絶対王政、カトリック改革、カトリック復興などと深い関連があり、ときには一体化したものと見なされることもありました。

レンブラントの技法

光と影の明暗を明確にする技法を用い「光と影の画家」とも呼ばれました。油彩だけでなく肖像画や複合技法による銅版画などでも多くの作品を残しています。

レンブラントは絵画の技法以外にも、解剖学を学んだり、物語の嗜好や表現なども学び、そこで得た知識・技術を作品に反映していました。

レンブラントの評価

レンブラントは若くして肖像画家で有名になりましたが、晩年は浪費癖などで財政的に苦労しました。しかし、当時は比類できる画家がいないとまで言われるほど高い評価を得ていました。

彼の絵画に対する探究心は自身の技術向上にも繋がり、さらに評価されることになりました。