”住宅は住むための機械”ル・コルビュジエ



ー住宅は住むための機械であるー

ル・コルビュジエ

1887年10月6日のスイスにて生まれ、フランスで主に建築家として活躍した。

この名前は祖先の名前からつけたもので本名はシャルル=エドゥアール・ジャヌレ=グリ

彼は父が時計職人をやっていたことから家業を継ぐために時計職人を養成する地元の装飾美術学校で彫刻と彫金を学んだ。しかし、専門的な大学教育は受けていない。

彼は時計職人の道を進むつもりだったが、時計産業は斜陽化しつつあり、さらに視力が非常に弱く、精密な加工を必要とする時計職人としては重大なハンデを背負っていたため、徐々に別の道へ進むことを模索するようになっていった。

美術学校在学中、彼の才能を見いだした校長のシャルル・レプラトゥニエの勧めで、建築家のルネ・シャパラと共に最初の住宅『ファレ邸』の設計を手がけている。1908年にパリへ行き、鉄筋コンクリート建築の先駆者であるオーギュスト・ペレの事務所に、1910年にはドイツ工作連盟の中心人物であったペーター・ベーレンスの事務所に籍を置き、短期間ではあったが実地で建築を学んだ。

1911年から半年かけてベルリンから東欧、トルコ、ギリシャ、イタリアを巡る東方への旅へ出た。ラ・ショー=ド=フォンの美術学校で教鞭を執った後、1914年に鉄筋コンクリートによる住宅建設方法である「ドミノシステム」を発表。1917年にパリへ行き、2年ほど鉄筋コンクリート会社に勤めた。1920年にダダの詩人のポール・デルメ、ピュリスムの画家のアメデエ・オザンファンと共に雑誌『レスプリ・ヌーヴォー』を創刊。この頃からル・コルビュジエというペンネームを用いた。

1922年に、ペレの下で働いていた従兄弟のピエール・ジャンヌレと共に事務所を構えた。

1923年に『レスプリ・ヌーヴォー』に掲載された自らの記事をまとめた著作『建築をめざして』を発表し、世界中の建築家から注目を集めた。

ヴァイセンホーフ・ジードルングの住宅

1925年のパリ万国博覧会(いわゆるアールデコ博)では装飾のない『レスプリ・ヌーヴォー館』を設計し、アール・デコ装飾の展示館が並ぶ中、異彩を放った。また1922年のサロンドートンヌでは『300万人の現代都市』を、1925年にはパリ市街を超高層ビルで建て替える都市改造案『ヴォアザン計画』を、そして1930年には『輝く都市』を発表した。これらは低層過密な都市よりも、超高層ビルを建て、周囲に緑地を作ったほうが合理的であるとするもので、パリでは実現しなかったが、以降の都市計画の考え方に影響を与えた。1927年、ミース・ファン・デル・ローエが中心となり、ヴァイセンホーフで開かれたドイツ工作連盟主催の住宅展(ヴァイセンホーフ・ジードルング)に参加し、2棟の住宅を設計した。

サヴォア邸

1928年以降に開催されたCIAM(シアム、近代建築国際会議)では、ヴァルター・グロピウス、ミース・ファン・デル・ローエ、ジークフリート・ギーディオン、ガブリエル・ゲヴレキアンらとともに参加し、中心メンバーとして活躍した。CIAMは国際的な近代建築運動の拠点になった。1930年にはイヴォンヌ・ガリと結婚し、また同年フランス国籍を取得した。1931年竣工の『サヴォア邸』はル・コルビュジエの主張する「近代建築の五原則」を典型的に示し、代表作として知られる。1932年にソ連で行われたソビエト宮殿のコンペに応募して敗退したものの、その斬新さは注目を浴び、丹下健三が建築家を志すきっかけにもなっている。1936年にはルシオ・コスタの招聘を受け、ブラジルに滞在し、オスカー・ニーマイヤーと共に旧教育保健省庁舎の設計に携わった。ル・コルビュジエはドイツに協力的なヴィシー政権に与し、ピエール・ジャンヌレはフランスのレジスタンス運動に参加したため、2人は袂を分かつことになったが、戦後再び、チャンディーガルのプロジェクトで協働した。近代建築運動に肯定的なイタリア・ファシスト政権にも接近を試みており、同国が植民地化したエチオピアでの都市建設に参画しようとしたが失敗している。

第二次世界大戦後、かねてよりの主張の実践である「ドミノシステム」に基づく集合住宅『マルセイユのユニテ・ダビタシオン』を建設。また1951年からはインドの新興都市チャンディーガルの顧問として都市計画および主要建築物(議会・裁判所・行政庁舎など)の設計に携わった。また、「モデュロール」の理論を提案し、建築の実践の場において機能性あるいは美学の達成への応用とした。

後期の代表作『ロンシャンの礼拝堂』はカニの甲羅を形どったとされる独特な形態で、シェル構造の採用など鉄筋コンクリートで可能になった自由な造形を示している。ここでは従来主張していた近代建築の指標である機能性・合理性を超える新たな表現に達した。ドミニコ会派のカトリック信者であるル・コルビュジエは、引き続き『ラ・トゥーレット修道院』の設計についても依頼を受けた。この間に『国立西洋美術館』の基本設計のため、1955年に一度来日している。

1961年にはAIAゴールドメダル、1964年にはレジオンドヌール勲章を相次いで受賞した。

1965年、南フランスのカプ・マルタンで海水浴中に心臓発作で死去。78歳没。私生活では妻イヴォンヌや愛する母マリーが相次ぎ他界し、また自身の公的記録を完成させた直後であり、自殺説もある。

後に彼の功績の一部は映画「ル・コルビュジエとアイリーン追憶のヴィラ」という作品で形となって残り続けている。