黄金比がなぜ美しいのか、秘密に迫る!1/24更新



今回は、

黄金比がなぜ美しいのか、その秘密に迫ります!

そもそも黄金比とは

画像元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/黄金比

上部画像の比のことであり
最も美しい比とされている。

伝承のレベルですが
古代ギリシアの彫刻家

ペイディアス(Φειδίας)

紀元前490〜430年ごろに活動していたとされ、ゼウスの座像の製作やパルテノン神殿の建設監修を行ったとされています。

黄金比はペイディアスが初めて使用したとされ
黄金比の記号Φは彼の頭文字である。

皆様がよく知るレオナルド・ダ・ヴィンチも、発見していた記録が残っています。

黄金比という名前の由来

名前はオームの法則を提唱したゲオルク・ジーモン・オームの弟

マルティン・オームの著書に記録上始めて、黄金比と記載されています。

自然界の黄金比

黄金比は自然界にも存在し、人類の脳はそれを本能的に美しいと感じます。

ハリケーンの衛星写真やシダ植物の花々や巻貝など


画像元:

https://www.canva.com/ja_jp/learn/what-is-the-golden-ratio/

身近な黄金比

一般的な名刺のサイズは黄金比がしようされています。

ビジネスにおいて初めのあいさつは大切な要素の一つです。

アップルのマークにも黄金比が取り入れられ


画像元:

https://www.gizmodo.jp/2015/09/post_18250.html

また、以前お話しに書いたことのあるモナ・リザにも。

ここまでお話しした黄金比は、名刺や今現在いたるところに使用されています!

人によって好みはあるものの、やはり黄金比の長方形は美しいと思います。

日本人は白銀比の方が好まれると、以前のミロのヴィーナスでもお話ししました。

次の機会に白銀比について深くお話しします。