ロシアの首都モスクワに葛飾北斎の巨大浮世絵が出現!?

ロシアの首都モスクワに、葛飾北斎が描いた神奈川沖浪裏』の壁画が現れました。

画像元:モスクワ市長Twitterより

これはモスクワ市長セルゲイ・ソビャニン氏が12月10日に自身のTwitterで発表したもので、ブトーヴォ地区に建設されたものです。

 

そのマンションの壁に描かれており、

画像元:http://www.etalongroup.com/media/project-gallery/in-progress/etalon-city

 

6万平方メートルにも広がるその壁画は、エタロン・シティ」というニュータウの一部です。

また、このニュータウンの他のマンションにも

・ニューヨーク

・シカゴ

・バルセロナ

など世界各地の街をイメージした壁画が描かれています

画像元:http://www.etalongroup.com/media/project-gallery/in-progress/etalon-city

葛飾北斎が描いた神奈川沖浪裏は、印象派画家フィンセント・ファン・ゴッホも絶賛しており、欧州の画家に大きく影響を与えました。

今もなお世界に影響を与え続ける絵画ですね。

 

 

葛飾北斎の他の記事はこちら↓

葛飾北斎の富嶽三十六景2点がNYで落札!!

03/21/2019

世界に影響を与えた!富嶽三十六景

11/11/2018

えっ、奇人だったの!?葛飾北斎

11/11/2018

 

ゴッホについてはこちら↓

あなたはゴッホを知らない!なぜ耳を切り落とさなければならなかったのか?ゴッホについて徹底解説!

10/21/2019