西洋絵画の特徴と時代!『フォーヴィスム』

今回はフォーヴィズム(野獣派)です。

 

 

語源

20世紀初頭の絵画運動で1905年パリで、開催された展覧会 サロン・ドレーヌに出品された作品を批評家ルイ・ポークセル

「あたかも野獣が檻の中にいるようだ」と評したことから命名されました。

 

野獣はフランス語で

・猛獣

・野獣

 

の意味を持っていることからフォーヴィズムとなりました。

 

特徴

フォーヴィズムの特徴は

・感覚を重視する

・色彩それ自体に表現があるものと見なす

人間の内的感情や感覚を表現するのに色彩は重要なもの

・上記二つを用い色彩自体が作り出す自律的な世界を研究する

 

このような技術と思想がフォーヴィズムの特徴となります。

これにより伝統であった写実主義とは決別し、世紀末芸術に見られる暗い作風とは違い、明るく強烈な色彩でのびのびとした雰囲気を創造した。

 

また、象徴主義の画家 ギュスターヴ・モローはフォーヴィズムの画家たちの師匠に当たり、モローは当時の美術学校で教授を務めていた。

 

フォーヴィズムの代表的な画家

・アンリ・マティス

・アンドレ・ドラン

・モーリス・ド・ヴラマンク

 

があげられ、サロン・ドレーヌに出品された際にあまりに突飛な画風なため多く非難を受けた。

その中でも特に現職を多く用いていることから

 

アンリ・マティス作

「帽子の女」

画像元:https://www.artpedia.jp/woman-with-a-hat/

これがひときわ非難を受けたといわれている。

しかしフォーヴィズムは日本にも多くの影響を与えており、1992年~1993年にかけて開催された

『フォーヴィスムと日本近代洋画』

では、21人もの作家がフォーヴィズムに関するとして取り上げられたほどでした。

 

芸術とは自らの好きなことを通すことなのかもしれませんね。