「ダビデ像」の作者は何を表現しているのか?

『ダビデ像』

誰しも一度はこの作品の名前を聞いたことがあるのではないだろうか。

 

今回はそんな『ダビデ像』についてご紹介。

 

ダビデ像

画像元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ダビデ像_(ミケランジェロ)

 

この作品はミケランジェロが1501年から制作を開始し、1504年に公開した彫刻作品である。

人間の力強さや美しさの象徴ともみなされる作品であり、芸術の歴史における最も有名な作品のひとつと言える。

 

作品詳細

この作品を見て、なぜ裸の男性の彫刻がここまで評価されているのか。

その理由は、ダビデは旧約聖書においてイスラエル王国の二代目の統治者であったことからだろう。

このダビデ像の姿は巨人ゴリアテとの戦いに臨み、岩石を投げつけようと狙いを定めている場面を表現したもの。

 

制作をするにもかなりの期間や諸事情が重なる中、やっとの思いでこの作品は完成した。

如何せん、裸の男性の立ち姿となるとどこか卑猥に感じ、笑い者にする者もいるだろう。

しかし、上記の事を知った上でこの作品を観た時彼を嘲笑う者は居るだろうか…

 

最後に

ダビデ像は、現在フィレンツェのアカデミア美術館に収蔵されています。

また、等身大レプリカも存在していて、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館にあるプラスターのものから、オーストラリアのリゾート地サーファーズ・パラダイス にあるショッピングモールの中央飾りに至るまで、世界中に数多く存在します。

サウスダコタ州スーフォールズやフィラデルフィア美術館や、日本の美ヶ原高原美術館にもレプリカがあります。

 

日本にも等身大レプリカがあるので、ぜひその目で確かめてください。

 

【合わせて読みたい!】

隠された意味があった!? ミケランジェロの『最後の審判』

11/16/2018

実は未完成だった!?『アダムの創造』人間の脳や映画「E.T.」などこの作品に隠された謎に迫る!

10/25/2018

【解説】哲学と宗教の調和?アテナイの学堂

12/01/2018