美術館に通う人は早死にリスクが31%軽減する

英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の調査によると、美術館に通う人は、そうでない人より早死にするリスクが下がることがわかった。

調査は、イングランドに住む50歳以上の6000人超を対象に行われた。2~3ヶ月のうちに1回以上、芸術鑑賞に出かける人は早死にリスクが31%低下。また、年に1~2回の人でも14%低下することがわかった。

 

UCLのデイジー・ファンコート准教授は、芸術に触れることで創造性が高まり、ストレスが軽減される効果があると指摘。さらに、デイジー准教授は「物事に対する目標意識を高く持てるという点も重要な役割を果たす」と述べた。

 

参考記事:https://www.cnn.co.jp/amp/article/35147118.html?__twitter_impression=true