無根拠の常識が覆る!ゴッホの絶筆は嘘!「カラスのいる麦畑」

『カラスのいる麦畑』

1890年7月にフィンセント・ファン・ゴッホにより描かれています。

今回はその絵画にある虚偽と事実をご紹介します。

 

絶筆と言われた無根拠の根拠

1908年ドイツ・ミュンヘンの画廊を巡回したファン・ゴッホ展のカタログで「雷雨」巨匠最後の作品と記述されていたためです。

 

1914年ベルギーで行われた現代美術展でのカタログでは

「鴉の群れ飛ぶ麦畑」と題されたと同時に「画家の最後の作品」と説明されました。

その後、根拠のないまま絶筆と言われ続けます。

またゴッホを題材とした映画1956年の『炎の人ゴッホ』でも麦畑で絵を完成させたのち自殺するシーンが有名となりそのまま浸透したこともあります。

しかし自殺する最期まで絵をかいていたことは事実です。

 

絶筆は嘘

ファン・ゴッホの遺族が公式に認めたタイトルは『黒い鳥のいる麦畑』

しかし黒い鳥が鴉であるとの記述はなく、描かれた色が実際なのか、経年劣化で黒くなってしまったのかは不明なのです。

 

1890年7月10日頃の弟テオ宛の手紙に本作と思われる作品に関する記述があり実際には7月上旬に描かれたと推定されている

同時期の作品が同じくテオに対する手紙に記述されていることから実際は、本作は絶筆ではない結論に至っています。

 

 

ゴッホの他の作品についてはこちら↓

「星月夜」ゴッホの哀しみの意味

11/15/2018

ゴッホはなぜ『ひまわり』を何枚も描いたのか!?

10/27/2018

 

ゴッホについての他の記事はこちらから↓

あなたはゴッホを知らない!なぜ耳を切り落とさなければならなかったのか?ゴッホについて徹底解説!

10/21/2019

ゴッホは歌川広重に惚れていた?

10/29/2018

ゴッホや太宰治、芸術家はなぜ自殺するのか

11/27/2018

ゴッホを撃ったレボルバーが競売へ 日本円で約500万円予想

04/19/2019