世界に影響を与えた!富嶽三十六景

葛飾北斎の作品「富嶽三十六景」全46図中の1図神奈川沖浪裏についてです。

『神奈川沖浪裏』

画像元:https://ja.wikipedia.org/wiki/神奈川沖浪裏

 

葛飾北斎についてはこちら↓

えっ、奇人だったの!?葛飾北斎

11/11/2018

 

特徴

この絵を構成しているのは

・大波

・3隻の船

・背景の富士

この3つです。

 

富嶽三十六景の主題である富士山が背景に描かれています。

日本では富士山は神聖なものとされ、太古では信仰の対象とされていたほどで、国家、美の象徴ともいわれます。

その富士は本来雄大に描かれるものですが、ここでは大波の豪快さとの対比を狙っています。

 

この波は、津波と解釈されることがよくあります。

しかし、実は違います

この波は波は波長が短く津波の描写ではありません。

その大波にもまれる三隻の船は当時活魚輸送などに使われたものでした。

 

影響

この絵は版画で数千枚すられており、摺絵の一部は1870年代後半にヨーロッパへと渡っています。

印象派の画家 フィンセント・ファン・ゴッホ が絶賛しました。

また、欧州多くの画家に影響を与えたとされています。

 

ゴッホについてはこちら↓

あなたはゴッホを知らない!なぜ耳を切り落とさなければならなかったのか?ゴッホについて徹底解説!

10/21/2019

 

 

豆知識

これはTwitterで話題となりましたが、ある方が波を1/8000秒で撮影したところ、北斎の絵にみられるような波形ができたそうです。

Twitter:https://twitter.com/qr_88/status/1028293457142403072

あくまでネット上での推察ですが、以前ご紹介した映像記憶の能力を持っていたのではないでしょうか。

 

 

映像記憶についてはこちら↓

生まれつきのスゴすぎる才能!?『映像記憶』

10/20/2018

 

葛飾北斎についての他の記事はこちら↓

葛飾北斎の富嶽三十六景2点がNYで落札!!

03/21/2019

ロシアの首都モスクワに葛飾北斎の巨大浮世絵が出現!?

12/17/2018