「水の都」イタリアローマのヴェネツィアはアートの都!?

イタリア旅行で行くべき場所№1と言っても過言ではない都市

 

水の都ヴェネツィアとは?

画像元:https://wondertrip.jp/europe/italy/90848.html

 

イタリアの北東部にある都市で

・水の都

・アドリア海の女王

・アドリア海の真珠

 

なぜこんなにも水について語られる街かというと街の道路はすべて水路で自動車や自転車は走れません。

 

じゃあ移動は何でするかって?

水上バスやフェリーです。


画像元:https://4travel.jp/travelogue/11399141

実に幻想的ですね。

 

アートの街?

ヴェネツィアはアートの街としても有名です。それにはヴェネツィアの財政に大きくかかわりがあります。

 

東ローマ帝国内における免税特権を利用し、東西貿易や香辛料貿易を通して、莫大な富を築きました。それにより豊かな財力を持ったパトロンが生まれ芸術者がよく育つ街となりました。

画像元:https://www.skyscanner.jp/news/venetian-renaissance-accademia

 

15世紀ごろ、フィレンツェを中心としたイタリア・ルネサンス美術がおこり、ヴェネツィア派の新たな様式が芽生えました。

 

ヴェネツィア派

ルネサンスを体現したフィレンツェ派が遠近法や線の曖昧さの排除によって正確な形を捕え、平面の上で立体を表現し、そこから人間中心主義を絵画の中で発揮しようとしたことに対して、

ヴェネツィア派の絵画は流動的な形や線の曖昧さで人物を他の物と等しく、空間の構成要素として全体の脈絡を保たせるように描かれました。

 

まとめ

ヴェネツィアには水の都としての美しさと大きな富がもたらしたルネサンス期の美術が見ることのできる。

アート街だったのです。