文学

偉人

クズすぎる!?太宰治や夏目漱石など文学者たちの驚愕クズエピソード集!

作家や小説家など、「文学者」と呼ばれる人たちは数々の素晴らしい作品を残してきました。しかし、素晴らしい作品を残してきたからといって誰もが素晴らしい人間であるとは限りません。中には”クズすぎる”逸話を持つ文学者もいます。今回はそんなあまりにもクズすぎる文学者たちのクズエピソードをご紹介していきます。

文学

芥川賞受賞小説「火花」ネタバレ・あらすじ解説!

2015年第153回芥川賞に選ばれた、又吉直樹作の小説『火花』。売れない芸人の徳永は、熱海の営業で先輩芸人神谷と出会います。徳永は神谷の”常識破りな笑いのセンス”に惹かれます。神谷も徳永を気に入り親交を深めていきます。ところが彼らは互いに様々な壁に直面し別々の道を歩むことになります。やがて再会する2人でしたが….

文化

ヤバすぎる恋!太宰治の傑作『人間失格』あらすじや「映画」と「小説」の違いを徹底解説!

「恥の多い生涯を送ってきました。」異質で衝撃的な一文から始まる太宰治の代表作であり遺作である小説『人間失格』。誰もが一度は聞いたことがあるこの『人間失格』は、自分は人間として失格だと自覚する男が、自身の生涯を語る物語です。自分は孤独なんだと思いながらも、人を愛し、理解しようとする心の揺れ動きを描いており、人間の心の奥深い部分に触れた内容となっており、衝撃だけでなく生々しさも感じられます。