偉人

偉人

記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 「ニーノ・ カルーソ」

2020年1月4日から京都国立近代美術館にて、イタリア現代陶芸の巨匠「ニーノ・ カルーソ」の没後初となる回顧展が開催されます。ニーノ・カルーソ(1928 – 2017)はイタリア現代陶芸を代表する陶芸家です。神話性や象徴性をテーマに、活動初期ではそれらを自身の故郷の”記憶”と結びつけた装飾的な器物を制作していました。