知恵の保護者クババが人類にもたらしたこと

クババ

クババは古代メソポタミア文明の女王。

シュメール王名表には、キシュ第3王朝と記されています。

クババは人類の神であり、我々に知恵を授けたといわれています。

 

キュベレー

現在のトルコである古代都市カルケミシュでは、守護神として祀られている「キュベレー」という名の神がいます。

キュベレーは古代ギリシア、古代ローマで大地母神として崇拝されていました。

また、キュベレーという名前の意味が「知恵の保護者」ということになります。

 

立方体の語源

英語で立方体はキューブ(cube)。

そしてそのcubeは、クババ(kubaba)が語源だといわれています。

 

伝説

都市伝説では、クババが立方体の母艦に乗ってこの地球にやってきた際、人類に知恵を授けたとされています。

UFOが円盤に見えるのは、元の立方体が高速で回転し、そのように見えるのだとか。

 

そもそも、立方体という形が自然のものとは思えません。そこもまた不思議です。

 

ピラミッド

ピラミッドを近くで観察すると立方体の集合体であることがわかります。

 

さらに上空から見ると、その形は立方体を示しています。クババへ位置情報を教えているのでしょうか。

 

その謎は深まるばかりです。

我々はどこからやって来て、どこへ行くのでしょうか。また、クババのシミュレーションにすぎないのでしょうか。

 

画像出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キュベレー

 

【合わせて読みたい!】

人類の起源「アヌンナキ」

01/10/2020

全5問!サイコパス診断(3択クイズ式)

01/05/2020

「実在するカリン塔」と噂されるアンブルワワタワーの場所

12/25/2019