全国民が敵になった!?アトランタ爆破事件の”実話” 映画『リチャード・ジュエル』

2020年1月17日(金)公開の映画リチャード・ジュエル』

国家にハメられ爆弾犯にされてしまい、周囲のすべてを敵にした主人公と、そんな彼の無実を唯一信じる無謀な弁護士。

たった2人で強大な相手に挑む劇的な”実話”を元にした今年見るべきサスペンス映画です。  

 

あらすじ

1996年、警備員のリチャード・ジュエルは米アトランタのセンテニアル公園で不審なリュックを発見。

その中身は、無数の釘が仕込まれた”パイプ爆弾”だった。

事件を未然に防ぎ一時は英雄視された彼だったが、現地の新聞社とテレビ局がリチャードを容疑者であるかのように書き立て、実名報道したことで状況は一変…。

さらに、FBIの徹底的な捜査、メディアによる連日の過熱報道により、リチャードの人格は全国民の目前でおとしめられていった。

そこへ異を唱えるため弁護士のワトソンが立ち上がる。

無実を信じ続けるワトソンだが、そこへ立ちはだかるのは、FBIとマスコミ、そしておよそ3億人の人口をかかえるアメリカ全国民だった。

引用:http://wwws.warnerbros.co.jp/richard-jewelljp/about.html

 

主演&監督

主演は、ポール・ウォルター・ハウザー(1枚目)とサム・ロックウェル(2枚目)が務めました。

引用:https://japaneseclass.jp/trends/about

引用:https://ja.m.wikipedia.org/wiki

 

監督は、今年90歳を迎える映画界の巨匠クリント・イーストウッド

引用:https://ciatr.jp/topics/16478

代表作は『硫黄島からの手紙』『アメリカン・スナイパー』『運び屋』など。

 

最後に

SNSの発展により、心無い誹謗中傷が蔓延る現代では、誰もが「被害者」や「加害者」になる可能性があります。

そんな今の世の中に対し、クリント・イーストウッドが警鐘を鳴らします…。

 

1月17日公開『リチャード・ジュエル』

国家の陰謀、2人の反撃、全ての”真相”をその目で確かめてください。