行動が習慣化するまでにかかる日数と3つのコツ

「無意識にスマホを触っている時間」を「勉強や仕事、運動をする時間」に変えたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

 

人間の習慣化

ロンドン大学のフィリッパ・ラリー博士が行った実験があります。

 

内容

被験者に、習慣化したい行為を毎日12時間行ってもらう。

また、行為を実行したかどうかを記録して報告してもらう。

 

結果

実験の結果、習慣化するには平均66日かかるとわかりました。

しかし、この結果を鵜呑みにしてはいけません。被験者の行為や特性によって、14日で習慣化した人もいれば、100日かかった人もいるからです。

 

複雑な行為を習慣化する人ほど時間はかかります。

 

倦怠期

習慣化する行為の度合いは日々弱まっていき、倦怠期に突入します。

しかし、この倦怠期を乗り越えると比較的スムーズにいきます。

 

ポイントは、大きな目標より小さな目標を立てることです。

 

3つのコツ

・小さな目標を立てる

・数字を使って具体化する

・達成した自分を想像する

 

大きな目標を達成したい場合は、目標を細分化しましょう。

 

例えば、1週間に1冊読書することにします。

目標をそのままではなく「1日30分読書する」というふうにすると、ハードルが下がります。

 

大きな目標は小さな目標の集大成といえます。そのためには、自分自身のビフォーアフターを記録することも大切です。

記録をつけることで小さな変化に気づき、次なるモチベーションへとつながります。

 

今日から新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

【合わせて読みたい!】

執着を手放す!ヴィパッサナー瞑想のやり方と効果

12/27/2019

孔子の生き方から学ぶ『人生の指標』

12/13/2019

自分に打ち勝て!哲学者プラトンのイデア論、国家を簡単に解説

11/06/2019