執着を手放す!ヴィパッサナー瞑想のやり方と効果

「日々、仕事のストレスがやばい」

「精神的に落ち着きたい」

 

そんな時こそ、瞑想をしてみるといいかもしれません。

マインドフルネスや座禅など、さまざまな瞑想法がある中、今回はヴィパッサナー瞑想について。

 

ヴィパッサナー瞑想

ヴィパッサナーは、インド最古の瞑想法のひとつです。約2500年前にブッダによって再発見されました。「物事をあるがままに見る」という意味があり、自己観察による自己変革の方法ともいえるでしょう。

宗教や場所は問わず、すべての人が実践できます。アメリカでは、インサイドメディテーションとも呼ばれています。

 

効果

・感情の安定

・ぐっすり眠れる

・創造力アップ

・集中力アップ

・思考力アップ

心の恐怖や怒りなどに気づき、それらの執着を手放しやすくなります。

 

有名人

『サピエンス全史』『ホモデウス』などの著作で知られる、ユヴァル・ノア・ハラリ氏も実践しているようです。

ヴィパッサナーに限らず、瞑想を取り組んでいる人は他にもいます。

スティーブ・ジョブズは禅を実践し、ビートルズは超越瞑想を実践していました。また、ミランダ・カーはヨガで瞑想の効果を実感しているようです。

 

やり方

1.静かな部屋で座る

座る姿勢に関しては、正座でもあぐらでもかまいません。自分がいちばんリラックスできる体勢を選びましょう。

 

2.背筋を伸ばして目を閉じる

背筋を伸ばすことで呼吸が整いやすくなります。背筋を伸ばしたら、目を閉じましょう。

 

3.深呼吸し、観察する

ゆっくりと呼吸をしてください。そして呼吸に観察しましょう。

雑念が浮かんできたら、また呼吸に集中します。慣れないうちは違うことを考えてしまいますが落ち着いて呼吸に意識を向けてみてください。

 

目安時間

目標としては、1日30分×2回をオススメします。慣れてきたら40分~60分やってみましょう。

時間がない方も、最低15分は心がけてください。寒い日に暖房をつけてもすぐに暖まらないように、ある一定の状態に達するまでにはある一定の時間がかかります。

 

合宿

日本には、ヴィパッサナー瞑想センターが京都と千葉にあります。最近は認知度の向上や効果が認められることもあり、予約はなかなか取れません。

 

コース

10日間コース、30日間コース、短期間コースなどがあります。なかでも10日間コースがいちばん人気です。短期間コースについては、過去に参加したことがある方のみ参加できます。

 

瞑想をすることによって感情が安定し、ストレスを感じにくくなります。そのため、悩みが原因で眠れなかったことが解消されます。

まずは1日15分×2回から実践してみましょう。1ヶ月後、驚くほどの効果が見られます。

 

仏陀のことば

「周囲に惑わされず、自分の本当の声に従いなさい。」

 

 

【合わせて読みたい!】

Googleも採用!『マインドフルネス』瞑想の効果とやり方

12/23/2019

『茶の湯 禅と数奇』相国寺承天閣美術館にて開催

12/28/2019

沢庵和尚から学ぶ!誰でも簡単に幸福度を満たせるエピソード

12/15/2019