牛がUFOにさらわれる!?牛乳瓶のコンセプトデザイン「Molocow」

‪昔、給食に出てくる牛乳が嫌いだった人もいるのではないでしょうか?

あの牛乳瓶を見るだけで憂鬱な気分になるほど嫌いな人もいましたね。

今回ご紹介するのは、そんな牛乳が嫌いな子ども達にも受け入れられそうな牛乳瓶のコンセプトデザイン『Molocow』

Molocow』は、キルギス共和国のデザイン会社「Imedia Creative Bureau」によって考案されたデザインで、ボトルには牛がUFOに攫われる様子が描かれています。

UFOから照射される光線(トラクター・ビーム)をボトルの形状だけで見事に再現しています。‬

「子どもたちを喜ばせたい」というコンセプトのもとに作られたようで、子どもだけでなく大人までも釘付けになっているようです。

 

 

誰もが思い浮かべるUFOの形がキャップになっていて可愛いですよね。

ボトルとキャップだけで気になってしまうので、牛乳が苦手な子でも「飲んでみようかな…」となるカモ!?

スーパーやコンビニに並んでいたら思わず手に取ってしまいそうですね。

飲んだ後もまた使えそうなところも良いですよね。

牛乳が苦手な子も多い中、牛乳瓶(ボトル)自体をデザインし直すという斬新なアイデアには脱帽です!

 

少し視点を変えれば、デザインの可能性の広さが垣間見えますね。