鳥山明ってどんな人?ドラゴンボールなどを手掛ける天才マンガ家の苦悩とは?

あなたは鳥山明さんをご存知でしょうか?

・Dr.スランプアラレちゃん

・ドラゴンボールシリーズ

 

この2つはとくに有名な作品ですね。

全世界でも発刊、放送されています。

 

そんなクールジャパンの一つの代表といえる鳥山明さんについてご紹介します。

 

人物

鳥山明

画像元:https://anincline.com/toriyama-akira/

 

出身は愛知県。

裕福な家庭ではなかったのですが、夕食を食べられないようなときでも両親はワルツを楽しむような、柔らかな家庭で育ちます。

絵を描くのが昔から好きだったようで幼少期から絵を描くのが楽しみだったようです。

 

漫画家への道

高校卒業後、デザイン会社にデザイナーとして就職するがうまくかみ合わず2年半で退職します。

その日暮らしの生活が限界に近づいた時、喫茶店で少年マガジンの漫画家募集を目にしました。

 

しかし、マガジンの締め切りに間に合わず週刊少年ジャンプへ応募することになります。

 

ここでは賞を逃してしまいますが、すぐに次の作品を書き上げ投稿しました。

 

これがジャンプ編集者の目に留まり

「今は下手だが頑張ればなんとかなるかもしれないから、もっと送ってよ」

 

鳥山明はここからの生活を地獄と語ったこともあるほどの努力を重ねました。

 

1年で没にされる原稿が500ページにも及んだといいます。

その後、ジャンプでの読み切りを経てついに…

 

1980年、あの有名なDr.スランプ』を連載開始させることができました。

 

鳥山明は努力家でありながらもめんどくさがり屋であり、連載当初のアラレちゃんは背が高く描かれているが、後半になるにつれ頭身が縮んでいった話も有名です。

画像元:https://blogs.yahoo.co.jp/yutabo_14/16178771.html

 

アイディアが不足し、連載終了を編集に持ちかけた結果、3か月後に新連載を出すという約束の元Dr.スランプを連載終了しました。

 

その3か月後…..

 

世界的大ヒットを収めたドラゴンボール』がスタートしました。

 

当初はアンケートも低迷しており、ブルマとのラブコメにしてはどうかという編集のアドバイスは

ラブコメが嫌いという理由で却下しました。

 

作中でも主人公”孫悟空”の結婚をわずか1ページで終わらせたりしています。

 

その後「天下一武道会」を境に大ヒットし、年数を重ねる毎にその人気は上がり続け、現在に至ります。

 

キャラクターがほぼ黒髪でベタ塗りが大変だというアシスタントの意見を受け取り、いつかベタ塗りを減らす約束をしたといいます。

 

その約束を果たしたのが”スーパーサイヤ人”でした。

画像元:https://matome.naver.jp/m/odai/2136755205319806701

 

 

数々のインタビューでも面倒なことは嫌いだというような発言をしていますが、2016年に発売されたジャンプ流では

「面倒だと言っているが努力はしている」

「誰でも簡単に漫画家になれるわけではないので勘違いしないでほしい」

と書かれていました。

 

最後に

自分の努力は多く語らないが、後世に努力の必要さを伝える意思は素晴らしいものを感じます。

何事も諦めずに”やり続けること”が大切ですね。

 

【合わせて読みたい!】

スヌーピーが全世界で長年愛され続けている理由とは?

12/17/2019

“オタク文化”が熱狂しているのはなぜ?世界も狙えるマーケット

10/13/2019

ところでみなさん『サブカルチャー』って知っていますか?

10/09/2019