【解説】「素朴派」を代表する画家 アンリ・ルソー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC

アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー(1844年5月21日ー1910年9月2日は19世紀〜20世紀に活躍したフランスの素朴派の画家です。

また、後期印象派画家でもあり、税関職員、日曜画家の顔も持ち合わせています。

表現スタイルは素朴派後期印象派、プリミティヴィズムです。

 

素朴派とは

素朴派とは、画家を職業としない人が絵画の教育を受けずに、絵画を制作していることを意味します。

つまり、素朴派と呼ばれる人には画家とは別に職業があることが多いのです。

 

素朴派の絵画は、プロの上手な絵に比べてアマチュアの下手で稚拙な絵ではあるが、その下手さ稚拙さが逆にその絵画の魅力になっています。

しかし、ルソーの絵が下手という訳ではなく、あくまでプロのように上手く描くスタイルではないということです。

 

素朴絵画が近代で広まった背景には、市民にも余暇できたことで、趣味で絵を描く「日曜画家」が急増しました。

そしてその近代の素朴派と呼ばれる絵画のパイオニアがアンリ・ルソーだったのです。

 

かの有名なピカソも、ルソーの芸術センスを誰よりも早くに見抜いており、まだ無名だった頃のルソーの作品を骨董屋で二束三文で買っていました。

 

画家になる前のルソー

ルソーは20数年間、パリの税関の職員として働いていました。

学生の頃から音楽や美術といった芸術的な教科は得意であった為、大人になってからも仕事の合間に絵を描いていた「日曜画家」でした。

40代前半に絵画に目覚め、本格的に絵を描き始めました。

49歳で退職した後は、1日中絵を描くことに没頭していました。

ルソーの代表作の多くは、ルソーが退職した後の50代の頃に描かれています。

 

ルソーの画風

ルソーの作品に登場する人物は、大概真正面を向いているか、真横を向いています。

そして目鼻立ちが類型化しています。

 

風景には遠近感がほぼありません

木や花など葉の11枚細かく、几帳面に描かれているのが特徴です。

 

彼の作品は一見素人の描いた稚拙な絵に見えますが、芸術性、完成度共に高く、「日曜画家」の域を超えていました。

 

ルソーの評価

ルソーの作品の評価は、決して高いものではありませんでした。

 

一見素人の描いたバランスや技術もめちゃくちゃな稚拙な絵に見えるため、従来の美術の概念では到底評価できなかったのです。

しかし、その概念にとらわれない独特の技法一部の観衆や画家を惹きつけ、幻想の世界へ誘ったのです。

 

こういったことから、素朴派の代表格として、多くの画家に支えられ、自身の思うままに描き続けていました。

 

ジャングルが好き?

ルソー作品の大半にはジャングルが描かれています。

しかし、ルソーはジャングルに行ったことがありませんでした。

 

これは、本の中に描かれているイラストやパリのある植物園だと言われています。

美術批評家のアーセン・アレクサンドルによると、ルソーはよくパリの植物園に通っていたようで、描かれているジャングルはそこから来ていたのかもしれません。

また、一部の間では軍役時代に遠征軍に参加し、その時にジャングルに入っていた可能性があると言われています。

他にも、遠征軍で出会った兵士から亜熱帯に関する話を聞いたことがキッカケになっているとも言われています。

 

真偽は定かではありませんが、ルソー自身の経験よりも外的要因によるものだという見解の方が強いようですね。