印象派の父 エドゥアール・マネ

エドゥアール・マネは19世紀のフランスの印象派の画家です。

マネは若い画家たちを可愛がる父親的存在であり、

その画家たちも慕っており印象派の父とも呼ばれていました。

マネの作風

マネの作風は、

印象派現代美術写実主義モダニズム

4つに分けられます。

その中でも、マネの写実主義作品は他よりもはっきりとした輪郭に、平面的な色使いで、批判されることも多々ありました。

更には、主題が風紀に反すると非難もされました。

しかしマネは描く事をやめませんでした。

印象派の技法を取り入れてからは、観衆の見る目も変わりました。

マネの作品は主に印象派の画家たちに多大な影響を与えました。

モダニズム

モダニズムとは、 近代主義のことです。

20世紀初頭に各分野で起きた実験的な芸術運動で、モダンアートとも言います。

 

マネの評価

画家というのはよく批判されるもので

マネも他の画家同様度々批判されていました。

しかし、マネの父親のような存在感もあって

多くの人々に慕われ、作品だけでなくマネ自身も愛されていました。