情熱的ロマン主義ドラクロワ

フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ は、フランスの19世紀のロマン主義を代表する画家です。

ロマンス主義とは

ロマン主義とは、主に18世紀末から19世紀前半にヨーロッパの影響を受けた諸地域で起こった精神運動の一種です。

それまでの合理主義などに対して感受性や主観に重きをおいた運動であり、古典主義と相対します。

ドラクロワの画風

彼の筆使いは非常に表現豊かで、光や色彩の技術を探求していました。

観衆を圧倒するほどの情熱的な作品が多く、輪郭やデッサンの正確さよりも、色彩や動きを強調し、自身の感情を優先して描いていました。

ドラクロワの評価

ドラクロワは戦争を主題とした作品で一気に評価を高めます。

しかし、当時は彼が主題とした戦争が歴史的事件でもあったため、内容が不適切であると多くの批判を集めました。

ドラクロワのロマン主義のスタイルは、当時では受け入れにくい異端な存在でした。しかし多くの擁護や、政府のお墨付きの影響もあり、多くの支持者を得ました。