ゴッホや太宰治、芸術家はなぜ自殺するのか

今回は少し暗くなる話題ですが、なぜ芸術家は自殺するのか、についてお話しします。

 

人物と関係

自殺した芸術家は多く存在します。

 

画家 ゴッホ

アメリカの小説家 ヘミングウェイ

俳優であり映画監督 伊丹十三

小説家で詩人 太宰治、芥川龍之介

ミュージシャン hide、尾崎豊

 

皆さんもよく知る芸術家の中で、こんなに多くの方が自ら命を絶っています。

 

ゴッホについて知りたい方はこちらから↓

あなたはゴッホを知らない!なぜ耳を切り落とさなければならなかったのか?ゴッホについて徹底解説!

10/21/2019

 

なぜ?

芸術家というものの性質が関係しています。

多くの芸術家が述べる名言には共通点があります。

 

「固定概念にとらわれない」

 

根本をたどれば上記の発言が隠れているはずです。

いつまでも柔軟な発想で、子どものような好奇心を持つという意味ととれるでしょう。

 

子どものような好奇心?

みなさんは子供の時よりも、感情の起伏が激しくありませんでしたか?

芸術家はその柔軟さと好奇心ゆえに、社会的にグレーな部分や黒い部分、負の感情に充てられやすいのです。

 

今の言葉で病みやすいといったところですね。

さらに、年を取るにつれ自分の芸術感に対する柔軟さがなくなっていく傾向にあります。

それに絶望し、自殺を図ることが多いのです。

 

逆説

しかし、負の感情を受けやすいということは逆もしかりなのです。

喜びや達成感この部分も大きく受け、それを糧に、またはさらなる自身の向上を胸に次回作を制作するのです。

 

ここまでお話ししましたが自殺は殺人です。

いかなる理由があろうと、殺人は許されることではありません。

 

【合わせて読みたい!】

ゴッホが自殺に使ったレボルバーについてはこちらから↓

ゴッホを撃ったレボルバーが競売へ 日本円で約500万円予想

04/19/2019

 

ゴッホについて知りたい方はこちらから↓

あなたはゴッホを知らない!なぜ耳を切り落とさなければならなかったのか?ゴッホについて徹底解説!

10/21/2019