世界に通用する日本のコスプレ文化!注目のコスプレイヤーは?

今回は、コミケコスサミでも盛り上がりを見せるコスプレイヤーについて!

 

コスプレ文化

実は、コスプレ文化は江戸時代から存在していたのではないかといわれています。

民衆の踊りなどからその様子が伺えます。

現代のコスプレ文化のようになったのは、アメリカで開催されたSF大会が元になっているといわれています。

『スターウォーズ』に登場するキャラクターの仮装をしていた人が多かったとか!

 

 

有名コスプレイヤー

1.えなこ

(Twitter:@enako_cos  より)

 

2.伊織もえ

(Twitter:@moe_five  より)

 

3.五木あきら

(Twitter:@itsuki_akira より)

 

4.桃月なしこ

(Twitter:@nashiko_cos より)

 

5.うらまる

(Twitter:@uramaru_y より)

 

 

コスプレイベント

1.コミックマーケット

東京国際展示場にて夏、冬に行われているコスプレイベント。そんなのもありなのか!と思わされるようなユニークなコスプレがたくさん!

 

2.日本橋ストリートフェスタ

大阪なんば周辺にて行われるコスプレイベント。毎年25万人が参加しています。

 

3.世界コスプレサミット

世界各地で予選が行われ、名古屋を拠点においているコスプレの世界大会。

大規模なイベントかつ日程も長くとても楽しめます。

 

他にもニコニコ町会議やAnime Japanなど、様々な場所でコスプレイベントが行われています。

 

世界での反応

海外でもかなりの反響を及んでいます。

また、日本のコスプレに対して「もっと写真が見たい!」「日本とアメリカのトレンドの違いがよく見える」などポジティブな印象が多いようです。

 

中には、自分も日本でアニメやゲームのキャラで「コスプレがしたい!」と、わざわざ日本まで出向いてコスプレイベントに参加する人も増えてきています。

また、SNSに自身のコスプレを載せて”バズっている”人たちもいます。

 

まだまだ成長し続けるコスプレ文化、コスプレイヤーから目が離せませんね!

 

 

最後に

日本だけでなく世界も注目しているコスプレイヤー達。

日本が誇れるポップカルチャーの1つともいえます。

様々な場所でイベントが行われているのでぜひ一度足を運んでみては?

新たな発見に出会えるかもしれませんね。

 

 

ポップカルチャー・サブカルチャーについてはこちら↓

日本のポップカルチャーが世界に与えた影響とは!?

10/15/2019

ところでみなさん『サブカルチャー』って知っていますか?

10/09/2019