絶景 自然が生んだ岩の芸術 グランドキャニオン




グランド・キャニオンは、アメリカ合衆国アリゾナ州北部にある谷のことです。コロラド高原が長年のコロラド川による浸食作用で削り出された地形です。地球の歴史を刻んでいる価値と、有名なあの景観から「グランド・キャニオン国立公園」に含まれています。

 

この国立公園は1979年に世界遺産に登録されました。

グランド・キャニオンの断崖は平均の深さ約1,200 m、長さ446 km、幅6 km~29 kmに及びます。

最深地点は1,800 mで、降雨量はサウス・リム で年間380 mm、最深部では年間200 mmとなっています。

 

そんなグランドキャニオンは”岩の芸術”とも言える自然の美しい絶景がいくつも存在します。ポイント毎によって見える景色は大きく異なり、そこには様々な芸術が広がります。

今回は、自然が生んだグランドキャニオンの芸術的絶景を少し紹介します。

 

起源

起源は約7000万年前、一帯の広い地域がカイバブ・アップリフト”と呼ばれる地殻変動によって隆起したことが始まりとされています。

そして約4000万年前に、コロラド川による浸食が始まりました。

 

峡谷は500万年前にその全容を現し、現在見られる峡谷になったのは約200万年前です。

そして現在も、浸食は続いています。

 

リパン ポイント


標高が高い位置にあり、グランドキャニオンの中でも最も迫力がある景観を楽しむことができます。

周囲に視界を遮るものがなく、グランドキャニオンの広大さを堪能できます。

自然の力強さを感じることができます。

 

マーサポイント

マーサポイントは観光の中心的な場所で、日の出が見られることでも知られています。

ここからの景観は、時を刻むにつれて岩山の様々な表情を見る事ができます。まさに自然が作り出した芸術と言えるほど美しい絶景が広がっています。

まるで色彩と明暗、それと角度によって表情を変える肖像画の様な景観です。

 

ホピ ポイント

ダイナミックで美しい夕陽が見られることで知られているポイントです。

美しく理想的な夕陽が見られます。

芸術で言うところの“大胆且つ繊細”が合う景観です。

 

画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3

画像引用元:https://www.travelbook.co.jp/topic/445